« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »

2017年4月

らんちゅうが病気になったので掃除しました。

・水槽の掃除(全水替え・塩水)

・掃除の間、らんちゅう塩水+ゴールド薬浴

・カルキ抜きフィルター・ホース、交換、塩素消毒、掃除

・エーハイム掃除、水作フィルター交換

・ヒータ除去24℃⇒21℃

・疲れました、明日充血取れると良いですね。

170507

5/7ほっぺがまだ充血しています。皮膚細菌感染症です。相方のちびは鰓と腹鰭が感染してまして今日、落ちました。(5月14日が誕生日でもうすぐ4歳でした。)その後、水替えをしました。(塩水0.3%)

| | コメント (0)

トランス対決 ダイオード対決 スイッチング EI Rコア トロイダル 音質 視聴 3回目

・トランス3種+スイッチング電源、ダイオード8種、ダイオード コンデンサーパラレル、平滑コンデンサー フィルムコンデンサーパラレル、平滑コンデンサー容量2倍の97パターンのテスト治具を作成しました。(テーブルタップはブレーカー付が安全です。)

Photo_2

当初の回路から色々なテストが出来る様にリファインされています。簡単にトランスや回路変更をスイッチ1つで出来ますので、本格的なブランドが実現出来ます。Tr_d_spec_list
※JRCのMUSES7001が秋月で入手できます。4800円+送料http://www.njr.co.jp/products/MUSES/series/MUSES7001.html

4

・共立で「アンプの音は電源の音」という格言がありますが、本当はダイオードの音が70%でトランスが30%、コンデンサーを鬼のようにたくさんつけてブログにUPしている人は一体・・・ショップは安価なダイオードより高級コンデンサーを売った方が・・・

・JRCのMUSES7001は上品で最上級オーディオクラスの音質です。

・ダイオードは1素子よりブリッジの方が、音質が上である。しかし、音質はそれぞれ違うのでチョイスが必要である。SBDやSFRDでなくとも良い物もある。

・ダイオードによってトランスの違いが分かる物もあります。

・トロイダルは、上品で万能です。Rコアは癖が無いが逆に個性も無い。EIははっきりしていてモニタ向き。

・平滑コンデンサーの容量UPは濃厚になるので加減が重要ですね。

・平滑コンデンサーにフィルムをパラにするのは、音質的に変わりません。

・ダイオードにフィルムをパラにするのは、音質的に変わりません。

・スイッチング電源が結構健闘しており、BEST3以上に入るぐらいのパフォーマンスを持っています。

・最終的にはEIとブリッジで電源を製作またはスイッチング電源を使う方がコスパは高いと思います。ダイオードの選定が重要になる訳です。お金に余裕があれば、何も考えずにMUSES7001を使うのが簡単ですね。

実験ボードは部品代含め25000円ぐらい掛かっています。価値はありました。

再生機:Letsnote(windows8.)WMP、DAC:サウンドブラスタHD、RCAケーブル:テクニカ、AMP:TDA7294、SPケーブル:カナレ4S6、SP:秋月8cmスピーカー、BOX:FOSTEX_P-800

| | コメント (0)

40万アクセス 有難うございます。

・こちらのブログをお気に入りに登録して頂いて、見に来てくださる方々へ本当にありがとうございます。

・皆様が見に来てくださることで、色々な事を試したりしようという気持ちが高まります。また、コメント(質問)してくださる方も有難うございます。

・これまで、頑張ってこられたのも皆様のアクセス数(重複アクセスを除く)が励みになったと思っています。

・こちらのサイトを見て楽天の商品を購入してくださっている方(アフリエイト)も本当にありがとうございます。実験で使用しているの部品代の一部になっていますので、見ている方のお力も頂いていると思っています。

・地域のボランティア(自治会・育成会)、会社(親睦会)の役員もひと段落しましたので、今年こそは加須(らんちゅう)に行きたいと思います。

・今後ともよろしくお願いいたします。

| | コメント (0)

トランス対決 ダイオード対決 スイッチング EI Rコア トロイダル 音質 視聴 2 回目

・皆様、お待たせしました。

・電源簡単聞き比べボードはスイッチ(スイッチ付タップ)で、電源を切り替えられます。

Powertestbord


・ダイオードにコンデンサーを並列に付けて確認できます。(KORGのモニタアンプでやってました。)

・スイッチで電解コンデンサーの容量が2倍になります。

・スイッチで電解コンデンサーにフィルムコンデンサーが並列につながります。

・ダイオードはターミナルで簡単に交換する事が出来ます。

Powertestbord2

・作動チェックが済んだらすぐに視聴したいです。

しかし、何通りもテストできるのでテスト順番を検討します。

・視聴曲

①Inna BODY AND THE SUN 09 Salinas Skies(マーチンアーティストモデル アコースティックギター)

②和楽器バンド 四季彩 鳥のように(琴、三味線、和太鼓)

③Tylor Swift Speak Now 02 Sparks Fly(Taylor アコギなど)

(④)Latifa Tee WHEN A GIRL LOVES 01 BACK&FORTH

| | コメント (0)

トランス対決 ダイオード対決 スイッチング EI Rコア トロイダル 音質 視聴 1回目

・アンプの電源は、スイッチング電源の方が性能が上だと以前話(1年前)をしました。

しかし、ブラインドテストに関しては納得のいくテスト内容ではありませんでした。

・今回、電源もブラインドテスト用にSPECを合わせてトランスを入手しました。

Toransu

また、JRCのSiC_SBDなど新しいダイオード含めブラインドテストを計画しています。

Photo

・25年前、トランスとコンデンサーの聴きわけができたら良いなと思いました。25年という歳月が経ちトロイダルトランス・Rコアトランスもネットで入手できるようになって気軽にテスト出来ます。(数年前はRSはトロイダルの電圧・電流のラインナップが多くありませんでした。)

| | コメント (0)

VOX ギターアンプ 真空管 交換 改造 第一弾 2回目

・分解をすると、メーカー保証が受けられなくなります。それと、元には戻せなくなります。このブログは改造を推奨しているわけではありません。このアンプのポテンシャルを引き出すための実験です。

・JJとSOVTEKではJJが評判が良いので、JJに決めました。

Tube_jj

・青色LEDは真空管に合わないので、肌色のLEDに交換しました。

Tube_jj_led

・やはりバイポーラではなくてJ-FET(MUSE)に交換しました。

Opamp

Vox3

・最後に音にハリを出すため、ウレタン系の吸音材を入れておきます。

Sp_2

・結構これだけでも、良くなりました。エフェクトの掛かり具合もはっきり解ります。しかし、TPA3130のデジアンは癖が強いです。(音はyoutubeにUP予定です。)

第2弾はメインアンプをTDA7294(FET)に変更します。

★電源対決を行います。トロイダル・Rコア・EIトランス対決+ファストカバリD・SiC_D(JRC)・ショットキーD対決vsスイッチング電源です。(ご期待ください。)

| | コメント (0)

VOX ギターアンプ 真空管 交換 改造 第一弾 1回目

・ギターの音がイメージと違う音がします。ギターの方はすでにチューンしています。

ギター歴1年の初級者です。

Eg10

・VOXのアンプはAKM(旭化成)のADとDAとKORGのモデリングDSPを搭載していて真空管は12AX7で歪を出してデジアン(メイン)はTIのTPA3130です。

・オペアンプはTI社(テキサス)の汎用でケミコンはJAKCONで台湾製です。真空管は中国製です。

・配線・コンデンサー・オペアンプ・TUBEを変えようと思います。

Vox1

| | コメント (0)

« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »