« 40万アクセス 有難うございます。 | トップページ | らんちゅうが病気になったので掃除しました。 »

トランス対決 ダイオード対決 スイッチング EI Rコア トロイダル 音質 視聴 3回目

・トランス3種+スイッチング電源、ダイオード8種、ダイオード コンデンサーパラレル、平滑コンデンサー フィルムコンデンサーパラレル、平滑コンデンサー容量2倍の97パターンのテスト治具を作成しました。(テーブルタップはブレーカー付が安全です。)

Photo_2

当初の回路から色々なテストが出来る様にリファインされています。簡単にトランスや回路変更をスイッチ1つで出来ますので、本格的なブランドが実現出来ます。Tr_d_spec_list
※JRCのMUSES7001が秋月で入手できます。4800円+送料http://www.njr.co.jp/products/MUSES/series/MUSES7001.html

4

・共立で「アンプの音は電源の音」という格言がありますが、本当はダイオードの音が70%でトランスが30%、コンデンサーを鬼のようにたくさんつけてブログにUPしている人は一体・・・ショップは安価なダイオードより高級コンデンサーを売った方が・・・

・JRCのMUSES7001は上品で最上級オーディオクラスの音質です。

・ダイオードは1素子よりブリッジの方が、音質が上である。しかし、音質はそれぞれ違うのでチョイスが必要である。SBDやSFRDでなくとも良い物もある。

・ダイオードによってトランスの違いが分かる物もあります。

・トロイダルは、上品で万能です。Rコアは癖が無いが逆に個性も無い。EIははっきりしていてモニタ向き。

・平滑コンデンサーの容量UPは濃厚になるので加減が重要ですね。

・平滑コンデンサーにフィルムをパラにするのは、音質的に変わりません。

・ダイオードにフィルムをパラにするのは、音質的に変わりません。

・スイッチング電源が結構健闘しており、BEST3以上に入るぐらいのパフォーマンスを持っています。

・最終的にはEIとブリッジで電源を製作またはスイッチング電源を使う方がコスパは高いと思います。ダイオードの選定が重要になる訳です。お金に余裕があれば、何も考えずにMUSES7001を使うのが簡単ですね。

実験ボードは部品代含め25000円ぐらい掛かっています。価値はありました。

再生機:Letsnote(windows8.)WMP、DAC:サウンドブラスタHD、RCAケーブル:テクニカ、AMP:TDA7294、SPケーブル:カナレ4S6、SP:秋月8cmスピーカー、BOX:FOSTEX_P-800

|

« 40万アクセス 有難うございます。 | トップページ | らんちゅうが病気になったので掃除しました。 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 40万アクセス 有難うございます。 | トップページ | らんちゅうが病気になったので掃除しました。 »