« 2016年10月 | トップページ | 2017年2月 »

2017年1月

超コンパクト ミニコンポ 音質 VICTOR EX-NW1

・先日、ヨドバシに行くと今話題の超ミニコンポEX-NW1が置いてありました。

・雑誌にEX-NW1の記事があり、どうせたいした音しないだろうと思っていました。

・現物を見ると本当に小さいです。そして、音を聞いてみると「すごーい」良くここまでの音を出す事ができたなと感心しました。スピーカーの台も共鳴しているみたいでスピーカーの一部の様です。

・音質で言うと120点、繊細でくっきりしていて強弱もしっかりしている。ボリウムを最大にすると3W程度の感じです。3W程度の出力ですが、音質で言うと15~20Wの表現が出来ています。

・値段が6万円程度なのでちょっとお高いですが、ディスクワークで使用するには最高の一品だと思いました。(お金があったら欲しいです。)

Main_visual_audio

| | コメント (0)

FOSTEX アルミスピーカー 視聴 評価

・6Hrの簡単なエージングをして視聴結果。

・低中域に音の出ないPOINTが2カ所ある。計測した訳ではありません。

・いろんなジャンルを聞いて思う事、とても音像に重要なPOINTである事は確かである。

・若干高域がそれを補うような音質なので、つまらないわけではない。

・アルミの薄さと剛性が弱点だと思われる。これを補う場合、BOXを3倍ぐらいの容量にすると少しカバーできるかもしれない。低音のパンチが無いので磁気回路も弱いと思われる。

・このまま慣らしを続けても良くなる感じは無い。

・簡単に言うとハイレゾ向きである。(ツイター用にしても良いと思う。)

・1個の値段が2000円とするとコスパは低い。(秋月スピーカーと比べて)

ちなみに目の前には、FOSTEXのGX103スピーカーがあります。

| | コメント (0)

FOSTEX アルミスピーカー 付録 作成

・PPコーンスピーカーは以前作りましたが、今回はFOSTEXのアルミコーンです。

φ2のドリルで穴を空けます。ビスと隙間の円形エプトシールは付録に付属してました。

Fostexsp1

・SPコードは元々のコードは細すぎて精神衛生上良くないのでテクニカに交換です。端子も精神衛生上良くないので、はんだ付けです。2.5secではんだ付けします。

Fostexsp

・穴あけから所要時間1時間で完成です。24時間エージングします。最初は癖のあるアルミ独特のサウンドで聞こえない周波数ポイントがあります。だんだん良くなっていくかもしれませんが、エージング後リファレンスの秋月のスピーカーと交換して聴いてみます。

| | コメント (0)

« 2016年10月 | トップページ | 2017年2月 »