« らんちゅう 親オス 転覆病 | トップページ | らんちゅう エーハイム 再稼働 »

らんちゅう 親オス 転覆病 解剖 閲覧注意

・今日、残念ながら星になりました。

・仕事で疲れていましたが、原因は浮き袋なのか調べてみました。

・マグロの解体方法をテレビで見たことがあったので、鰓と尾を切って血抜きをすると言ってましたので、頭と尾をカッターでゴリゴリ切りました。血は思ったほど出ませんでした。鰓は真っ赤でしたので問題ありません。(グロイのでのせてません。)

・内臓はお尻のあたりからカッターで少しずつ開いていきました。黄色いゼリーの様な脂肪の塊や白い油の様な物も出てきました。周りに内臓は癒着してますが、少しずつ手で剥がす事ができます。浮き袋は膜に包まれておりそれを剥がすと浮き袋が1個しかありません。原因は浮き袋が一つしか無い為である事が解りました。(完全に見つからないので水温を上げたとしても治らないでしょう。)

・腸はぐちゃぐちゃで癒着してたので、それ以上はしませんでした。(左下)

Ran
・左下の濃い赤い物体は胆嚢で右下の丸いのが心臓だと思います。

|

« らんちゅう 親オス 転覆病 | トップページ | らんちゅう エーハイム 再稼働 »

ペット」カテゴリの記事

コメント

金魚を長年買っていますが、外と屋内水槽で飼っているのとでは、外で飼っている方が転覆率が非常に少ないような気がします。  餌をたくさん与えることによって転覆するのかな?と色々考えてみるものの、例えば、食用の養殖の魚は転覆することなんてあるのでしょうかね? 養殖魚業の知り合いがいなないので聞く当てがないですからわかりませんけど。
非常に興味深い記事でした。ありがとうございます。
浮袋が2個あるのが正常なのに1個になっていた、ということですね。 これはなぜなのでしょう?
浮袋の異常で転覆になっていた、と考えて良いのでしょうかね。  
今から20年ほど前ですけど、母がベタをガラス瓶の中で飼っていたのですが、お腹がどんどん膨らんで最後には死んでしまったそうです。 母はそのべたのお腹を割いて中に何が入っているのか確認したそうですが、中は空洞になっていたそうです。
今回の金魚の転覆とはまた違った原因なのかどうかはわかりませんけど。

投稿: とおりすがり | 2017年7月 4日 (火) 17時41分

らんちゅうの画像検索をしていたら解剖の画像が出てきて少しショッキングでしたが病気の原因を探るためにやったのだから、虐待でも何でもなくとても良いことだと私は思います。
浮き袋の異常が見つかったようですしこの情報を今後の世代育成に活かしていくことが死んでしまった彼にとっても幸せなことなのではないでしょうか。

だけど急にらんちゅうの頭が出てきたときは本当にギョッとしましたw

投稿: | 2016年6月28日 (火) 03時06分

解剖により浮き袋の目視確認をしています。

このぐらいきれいに解剖すれば良いのですか
http://ameblo.jp/boo-tarosan/entry-11620317522.html

2012年に明け2歳で買ったので4年生きました、子供も作りました。

転覆の子を半年間以上無理に生かしたこともありますが、人間でいえば逆立ちして生活してくださいという感じ、それが金魚にとって本望ですか?

虐待ですか、自然に生きている魚を釣ってその場でさばいて食べてしまう人はあなたにとって何ですか

シーシェパードみたい・・・

投稿: 水槽のらんちゅう | 2016年3月27日 (日) 00時20分

馬鹿ですか?金魚を病気にさせておいて、あなたの責任で死んで、せめて安らかに眠られてあげるのが唯一の報いなのに、下手にぐちゃぐちゃに解剖。第一に解剖したところでどうなるんですか?その後も金魚病気にして殺してるみたいだし、何もならない解剖は可哀想。虐待に見えました。

投稿: | 2016年3月23日 (水) 20時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« らんちゅう 親オス 転覆病 | トップページ | らんちゅう エーハイム 再稼働 »