« 東錦 らんちゅう稚魚 EOS 単焦点レンズ | トップページ | GEX ヒーター 新製品 ヒーターカバー »

LED 蛍光灯 違い 金魚

・LED照明にすると電気代が安くなるというメリットがあります。虫が寄り難いという噂もあります。(実際は虫が寄ってきます)

・LED照明はらんちゅうの赤が抜けてしまう事が今回解りました。3匹中2匹赤が抜けてきました。また、尾ぐされが若干発生しているので、LED照明は蛍光灯に無い波長が含まれている事が考えられます。

・らんちゅうの素赤は鑑賞にはとても重要な事なので蛍光灯に戻す事も視野に入れる事を考えます。

131007
照明の波長ローム社http://micro.rohm.com/jp/products/lighting/led/index2.html

こちらのグラフを見ると、蛍光灯には紫外線・赤外線が若干含まれている事が解ります。440nm・550nm・620nmにピークが立っています。ハロゲンや白熱電球は赤外線側の波長成分のレベルが高い事も解ります。

・コトブキのLEDは赤のLEDも含まれていますので、青(白色LEDは青色LEDに蛍光物質が被せてある)と赤の成分の波長が440nm・620nmと蛍光灯に近い特性となっています。

・以上の事から、紫外線・赤外線・550nm(緑)の波長のレベルが低い事が影響しています。

・金魚は視力が低いので色を認識出来てないと考えると緑は関係なさそう。

・紫外線が紫で赤外線が赤だとすると赤外線が影響していると単純に思います。試しに白熱電球でリカバリー出来ないか試してみようと思います。

|

« 東錦 らんちゅう稚魚 EOS 単焦点レンズ | トップページ | GEX ヒーター 新製品 ヒーターカバー »

ペット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 東錦 らんちゅう稚魚 EOS 単焦点レンズ | トップページ | GEX ヒーター 新製品 ヒーターカバー »