« 大地震の水槽被害 | トップページ | ポケット線量計(放射線測定器)が手にはいりません。 »

停電時の水槽対応

・輪番停電は、区域と時間が決められているが電気が足りていれば停電にならない場合があります。しかし、電力供給が間に合わない場合は、停電になります。

・今回、水槽の照明は止め(節電)ヒーターの設定温度を22.5℃から20℃に下げました。(停電時の温度低下の⊿分を考慮している。)

・地震の第2波を考慮して、水槽の水の量を今回の震度6でもあふれない(地震の揺れ方にで変わります)水量に減らし、水槽にガラス蓋をしてテープで固定しています。

・状況として、ホームセンター(ジョイフルホンダ・カインズホーム・D2・ダイソー・電気量販店)では、ラジオ・乾電池・ライト・カセットコンロ・カセットボンベ・発電機・携行缶・灯油ポリタンク)が品切れとなる非常事態となっています。

・ガソリンスタンドでは、半分程度休業(燃料切れ)私が行ったスタンドでは灯油・ハイオクガソリンが品切れとなっていました。

20110313

201103131

・緊急時に、電力を供給できるように備えあれば高級な生体を落とす事も回避できます。(冷水魚・熱帯魚など)

|

« 大地震の水槽被害 | トップページ | ポケット線量計(放射線測定器)が手にはいりません。 »

ペット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 大地震の水槽被害 | トップページ | ポケット線量計(放射線測定器)が手にはいりません。 »