« 水槽の掃除をしたら らんちゅうメスが産卵しました。 | トップページ | 照明の影響で珪藻が増殖中 »

水槽の照明をPL管とT5管の明るい蛍光灯に交換しました。

・PL管とは2本柱タイプのコンパクト形蛍光ランプでひときわ明るく、物の色が自然に見える優れた演色性。小型だがワット数が大きい。通常の安定器での点灯方式(FPL)とインバーター高出力方式(FHP)の2種類あるがアクシーイオンはインバーターのタイプと思われる。

・T5管とは通常の蛍光灯の約半分の太さなので器具を薄くする事ができます。安定器はインバーター方式(高周波)でちらつきがありません。

・蛍光管は高演色形(アクアリウム専用)で美術的にシビアな色彩が要求される場所で使用される。市販の蛍光管とは異なる。演色性はRa90~82という単位で表記される。(太陽光はRa100)

・色温度の種類は一般的に昼光色 D 通常は6500K(晴天の正午の日光の色)しかし、アクアリウム専用は、8000K(淡水用)~15000K(海水用)となる。

・蛍光灯の寿命は10000時間程度であり1日12時間使用した場合、約2年程度となります。。(使用環境やインバータ回路で異なる。)寿命とは光束が最初の70%に低下した時も寿命としている

・反射板はステンレス板が採用されていて光が拡散される。

101128

1011281

|

« 水槽の掃除をしたら らんちゅうメスが産卵しました。 | トップページ | 照明の影響で珪藻が増殖中 »

ペット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 水槽の掃除をしたら らんちゅうメスが産卵しました。 | トップページ | 照明の影響で珪藻が増殖中 »